プレバト! 俳句部分4月28日放映まとめ

プレバト!!俳句まとめ

TBS系列で放映されているプレバト!の俳句部分のまとめです。

プレバト4月28日放映俳句部分放映分

今回のお題はゴールデンウイークのカレンダー

まずは才能ナシ3位中川翔子さん35位の俳句は

尾を張って猫も眺める鯉のぼり

夏井いつき先生は猫が魚の姿をした鯉のぼりを見ているという句は山ほどあるとのこと。
尾を立てるから始めた方が良いとのこと。

尾を立てる猫よ鯉のぼりは風に

と添削。猫と鯉のぼりを合わせるのは確かにありがちと思いました。猫を野良ネコにして高々とした鯉のぼりと、野良猫の汚らしさと対比するとかもう一工夫必要な句かなと思いました。

続いては凡人2位高橋麻朝さん55位の俳句は

抱きしめた子の髪ふわり菖蒲の香

夏井いつき先生は抱きしめた子供から何かの香りがするという句はありがちとのこと、しかし、俳句としては良く出来ていると評価。

抱きしめる子に菖蒲湯の香のほのか

と手直し。最後の韻の調べもよくなるとのこと。
子供の香りの句もありがち。でも、ありがちでも素直に詠んでポケットに入れておくには良い句かなとも思いました。

才能ナシ最下位は勝村政信さん25点の俳句は

飛び石の蛙声静まる靴の音

子供たちが普段居ない時間に子供が居ることで蛙の声が静かになったということを詠んだ句。
夏井いつき先生は「お前だったのか」と、読んだ瞬間に松尾芭蕉の『古池や蛙飛び込む水の音」を下地にして、なんとつまらない句にしたのかと。
松尾芭蕉が化けて出てくると。

飛び石をゆけば蛙の声やみぬ

と整えたところで普通の句とのこと。
俳句の代表作とも言える句を本歌取りした無謀な句。これは初期設定が無理ですね、無理無理。

第一位ぼる塾4田辺さんの70点の俳句は

亀鳴くやお辞儀が深いグラウンド

夏井いつき先生はもう少し上を目指すのであれば文体の統一をするのに

亀鳴くや一礼深きグラウンド

と手直し。これは手直しが見事でした。異論反論なし。

続いてはワンランク上の査定。特待生昇格試験。

名人6段中田喜子さんの一句

竹割って垂直線の子供の日

夏井いつき先生は昇格試験のポイントは「割って~の」の叙述の是非とのこと。
夏井いつき先生の査定は現状維持、勢いが足りないとのこと
骨格部分が良いが

竹を割る垂直線やこどもの日

と手直し。これは技巧に走って失敗した句でしたね。夏井いつき先生の手直し通り素直に詠んだ方が良い一句でした。素材は良いと思います。

続いては名人8段キスマイ横尾さんの一句

函嶺のスイッチバック朝燕

夏井いつき先生は評価のポイントは季語「朝燕」の効果の是非とのこと
査定は1ランク昇格気持ちのいい一句とのこと

朝の冷たい気持ちよさと函嶺という響きがつかず離れず、スイッチバックと燕の動きがつかず離れず良い取り合わせとのこと。
これはお見事な一句です。つかず離れず良い取り合わせだと思います。朝という時間設定が見事でした。

続いては句集を目指す永世名人梅沢富雄さんの一句

暁光や桜隠しの五稜郭

夏井いつき先生の評価は「ボツ」。型の選択ミスとのこと
暁光、五稜郭という固い言葉の中で桜隠しという柔らかな季語が沈んでしまうと

桜隠しや暁の五稜郭

と句またがりに手直し。そうなんですよ、五七五の調べに敢えてしないという作りにもっと視点が行くべき。夏井いつき先生の手直しは見事でした。

次回のお題はどうぶつ図鑑

コメント

タイトルとURLをコピーしました