プレバト!!俳句部分まとめ2022年5月19日放映分

プレバト!!俳句まとめ

TBS系列で放映されているプレバト!!の俳句部分まとめです。

今回は才能アリ1人、才能ナシが2人、凡人1人です。

今回のお題は町中華

まずは才能ナシ3位は大友康平さん35点の句はこちら

暖簾越し胃袋つかむ夏座敷

なじみの商店街の町の中華屋さんがある光景を詠んだ句

夏井いつき先生は季語の夏座敷は夏用にしつらえた座敷を指すとのこと

夏来る町飯店のスープの香

と手直し。
直しても普通の感じが抜けない句でしたね。

次は凡人2位、篠原ゆきこさん50点の句はこちら

二度見かな媼の盛り飯扇風機

中華料理屋さんに行ったら80代くらいの女性が定食をばくばく食べるのを見て、ああ年を取りたいと思ったのを詠んだ句とのこと

夏井いつき先生は、表現したことと句が合っていないと

媼食う山盛りの飯扇風機

と手直し。景としては面白い句でした。

才能アリ1位は久代萌美さん70点、才能ナシ最下位は坂東龍太4位10点

坂東龍太さんの作品はこちら

青山河しびれ驚く走り出す

夏休みに山で小さな実を食べると山椒で驚いたことを麻婆豆腐を食べると思い出すという句

夏井いつき先生は何があったかわからないとのことで

山椒の実噛んでシビレて走り出す

と添削。直したところで「お、おう。。。」という句ですね。

久代萌美さんの句はこちら

こどもの日ロボット削る刀削麵

新人アナウンサー時代にロボットが刀削麺を削っていた景を詠んだ句とのこと

夏井いつき先生は5音の季語と12音の言葉を取り合わせる基本の型を使った句とのこと。
脳の中に光景が浮かび意外性があると直しなしとなりました。
素直に景を詠んだ句でしたね。子供の日との取り合わせが良かったと思います。

続いては永世名人への道

まずはFUJIWARA藤本さんの句

夏めくやこれより打ち出す中華鍋

この句評価のポイントは「これより」の是非。
票かは現状維持、意図があったと信じたいとのこと

夏井いつき先生は私なら

これより夏や打ち出す中華鍋

とすること。夏井いつき先生の手直し前は確かに季語が後からつけて足した感じがありましたよね。
手直しした句の方が良いと思います。

続いてはフルーツポンチ村上さんの句

空焼きの中華鍋背に胡瓜噛む

凄い炎の状態と胡瓜の瑞々しい感じが良いのではと詠んだ句とのこ
空焼きの中華鍋と胡瓜噛むの言葉のバランスの質量の是非

夏井いつき先生は胡瓜が軽いと現状維持
言葉の質量をもう少し考えて欲しい永世名人になるには文句なしの一句が欲しいとのこと

続いては永世名人梅沢富雄さんのお手本

舌先を花山椒に噛まれけり

何か花山椒を食べるとピリピリと舌先を辛みが走ることを詠んだ句

夏井いつき先生はボツ
「けり」はこの状況が前からあったのに今はっと気づいたことを表す言葉と

舌先を噛まれ花山椒かおる

と添削。
夏井いつき先生の優しさで擬人化の是非は問わないでいますが、擬人化のあざとさがある句でしたね。
辛い物を舌が噛まれるはありきたりの表現ではないでしょうか。

以上、プレバト!!俳句部分まとめでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました